2002年9月21日・1300〜1900/ 恩多町久野宅

今年の「サンマ例会」、いつもの中央公園で火が使えなくなったので、空堀川の川原でやるしかないかなあ…などという話が進んでいたのですが、会員の久野さんからご自宅のお庭を提供いただき、無事に開催することが出来ました。


サンマの焼けるのが待ちきれず、まずは乾杯。大峰さん持参のそうめんと煮物で一息つきました(そうめんはツユも自家製で美味!サンマにかける為のスダチの皮をすりおろして、ツユに入れると、これまたいい感じでした)。


久野さん宅のお庭はこんな感じです。お家の右側に広がる栗林でクリ拾いも楽しませていただき、すぐに焼いて食べました。


反対から見たところ。


サンマに加えてサザエ、ハマグリなど、今年は食材が盛り沢山! 拾いたてのクリや掘りたてのサトイモ、合川から差し入れでいただいたジャガイモ、ナス、とうもろこしも美味しかった。


買出しでお疲れでしょうか、酒井さんひとやすみ。(左)
子供たちは仲良くゲームボーイ(中)
酒井さん、起き出してクリを焼いています。皮に切れ目を入れておいても結構はじけるんですね。(右)


酔愚さんが体重を利用して椅子で薪を作ってくれました。いや、今日は炭焼きなんですけど… みんなで大笑いしてしまいましたが、怪我がなくてよかったです。(左)
いい匂いの煙が立ち込めます。(右)


最後に記念写真を撮って解散しました。みんなお腹いっぱいで、二次会には行かなかったようですね。

(写真:久野・市川/文責:園山)